幼稚園児の娘のおかげで楽しく過ごし中@ほっこりママの雑記

生でオカピを視て感動した!しかも写真も撮影できた

ずーっと会ってみたかった動物「オカピ」に念願の対面を果たしてきました!


okapi

オカピは、見た目は馬のようなのに、足だけシマウマの柄、という一風変わったビジュアル。
そして馬とシマウマのハーフというビジュアルにも関わらず、実はキリンの唯一の仲間だそうです。



その脚のしま模様が美しいことから、森の貴婦人と呼ばれたりしているのだとか。
すごいネーミングですねぇ。


オカピは中央アフリカのコンゴ民主共和国、ガボンなどの密林の付近という
限られた地域にしか生息しておらず、20世紀になってからその存在が発見されたという、
珍しい生きものでもあります。


そんなオカピ、動物園では悠々と歩き回っていましたが、
世界では準絶滅危惧動物に指定されています。
準絶滅危惧動物とは、ある程度の数はいるので今すぐに絶滅してしまう心配はないけれど、
環境の変化にとても敏感なため、何か大きな変化が起きた時に一気に絶滅してしまう可能性のある種、
のことだそうです。


オカピが絶滅の危機に晒される大きな理由は、
コンゴ民主共和国の絶え間ない内戦による森林破壊や、
政情が不安定なために横行する密猟です。


さらに、私たち日本人の生活にも密着している
携帯電話などのバッテリーに使われるレアメタルの採掘も
大きな影響を与えているそうです。


絶滅の一端を担っていると実感するのはとても難しいですが、
遠い国の動物であっても、日本が無関係であることはほぼないと思います。


携帯電話を使う時、動物園に行ったとき、
ちょっとでもそういったことに想いを馳せられるといいなと思いました。。


カテゴリー:いろいろ

タグ:

↓↓ ご意見・ご感想は以下コメント欄よりお気軽にどうぞ! ↓↓





現在コメントはありません。